コピペ防止ワードプレスプラグインWP-Copyright-Protection

WP-Copyright
あなたが書いた記事、知らない間に盗まれているかもしれませんよ。

こんにちわ 須賀です^^

「記事書くの面倒だな。コピペしてもバレナイかな?」

なんて考えたことはありませんか?

グーグルはコピーコンテンツを嫌います。

今ではコピーコンテンツ対策の精度もかなり上がっていて、
かなりリライトしたとしても、コピーした記事を見抜くそうです。

 

なので、

コピペやリライトしたとしてもスパム扱いを受けて、
ペナルティーを受ける可能性がかなり高いので気をつけましょう。

 

さてさて、

自分はコピペしなくても、他の人に記事を盗まれる可能性もありますよね。

記事をコピーされたら通知してくれるプラグイン「Check Copy Contents」
というプラグインもあります。

これだとコピーされた事はメールで通知してくれますが対応は出来ません。

コピーした人が誰かまでは分かりませんからね。

「仮にコピペされたとしても、
コピペした相手がペナルティーを食らうだけだから問題ないんじゃない?」

と思っているあなた。

危ないですよ!

自分の記事をコピペされたのにスパム扱いされる理由

自分の記事をコピペされて、自分がスパム扱いされる可能性も考えられます。

それは、サイトが弱いうちはインデックスされにくいのはご存知ですよね。

特に新規で独自ドメインを取得した場合、
悲しいくらいアクセスが集まらない経験は誰しもあるはず。

もしもコピペした相手のサイトが強い場合、
インデックススピードでは負けてしまいます。

そうなってくると、

自分のサイトがコピペしたサイトの記事をパクった

とグーグルに評価されてしまいます。

 

せっかく一生懸命書いた記事がコピペ扱いされてしまう。

こんな悲しい事も起こり得るのです。

結局自分のサイトは自分で守るしかありません。

「えっ?そうなの?じゃあ防止方法はないの?」

と思ったあなたにオススメのプラグインがありました。

それが「WP-Copyright-Protection」というプラグイン。

WP-Copyright-Protectionの設置方法

「WP-Copyright-Protection」を導入すると、
記事をコピーしようとドラックしてもカーソルが表示されません。

また右クリックも防止しますので、画像も盗用される事はありません。

まあ、記事をそのまま写されたらそれまでですけど、コピペは防止できます。

これだけでも充分な対策になりますよ。

では導入と設置方法ですが、

ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加⇒「WP-Copyright-Protection」

と検索窓に打ち込むと一番上に表示されると思います。

後はプラグインを有効化するだけです。

特に設置する必要はありません。

早速僕のサイトにも導入してみました!

試しにコピペしてみて下さい(笑)

追伸

そういえば、折角コピペ防止プラグインを紹介したのに、
「WP-Copyright-Protection」の部分をコピペしたくても出来ませんよね・・・・

うーすいません・・・

もし宜しければ手入力して下さい 汗汗

 





只今期間限定で記事作成が面倒な僕がブログアフィリエイトで月収50万円、累計2000万円稼いだ手法をギュッとまとめたブログアフィリエイト教材「Affiliate Sunday」をプレゼント中!

※iCloud、hotmail、outlookは届きませんのでご注意ください。

興味がありましたら今すぐ僕のメールマガジンに登録してプレゼントを受け取って下さい!

*メールマガジンは完全無料で登録出来ます。
*気に入らなければいつでもワンクリックで解除できますのでご安心下さい。

最新情報をチェックしよう!
>アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

「有料教材より詳しい!」 「内容の充実さとわかりやすさに驚きました!」 などと絶賛された須賀ともひろ独自アフィリエイト教材であなたを非常識な世界へ誘います。 この教材を手にすることによって 、初心者でも簡単にパソコン一つで「稼ぐ」実感を手にすることが出来ます!(実績あり) 無料公開している今のうちにダウンロードして下さい!(残りわずか)

CTR IMG