コピペされた事を知らせてくれるプラグイン【Check Copy Contents】

「元記事がコピペ扱いされる事なんてあるんですか?」

こんにちわ 須賀です^^

「あなたのサイトの記事ひょっとしたらコピペされているかもしれませんよー」

という記事を先日書いたんですね。

参考:コピペ防止ワードプレスプラグインWP-Copyright-Protection

恐い事に、サイトが弱いうちはインデックス速度が遅いので、
コピペした側の方が先にインデックスされる事も考えられます。

そうなると元記事がスパム扱いされる可能性もあるんですよんね。

前回の記事でご紹介したプラグイン「WP-Copyright-Protection」を導入すれば、
コピペ自体が出来なくなるので有効な対策にはなります。

で、今回はコピペ関係のちょっと面白いプラグイン
「Check Copy Contents」をご紹介致します。

このプラグインは、

コピペされたらメールで知らせてくれる

と言うプラグインなのです。

しかし、コピペしたIPなども知らせてくれますが、
プラグインを導入しただけではコピペしたサイトまで特定する事は出来ません。

もしも特定したい場合は、
影武者を使えば無料で特定することも出来ます。

 

さてさて、

このサイトにはCheck Copy Contentsを導入してはいなかったのですが、
僕が運営している別のサイトにこのプラグインを仕込んで置いたんですよね。

そしたら・・・・

 

輩がぞくぞく現れてきました。

やっぱり知らない間にコピペってされているんですね。

 

ではどのように報せてくれるかをご紹介いたします。

モザイクばかりですいません 汗汗

この記事を書くきっかけになった数分前の出来事です。

可哀想だからIPにモザイクをかけて置きました・・・

後で影武者を使い、コピペしたサイトをチェックして見ようと思います。

Check Copy Contentsの導入方法

このプラグインは3分もあれば設置出来ちゃいますので、
自分のサイトの記事がコピペされているか知りたい方は今すぐ設定しちゃいましょう!

まずは

ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加⇒「Check Copy Contents」
と検索窓に入力

 

一番上に出てくるプラグインをインストール

 

有効化をクリック。

 

次に簡単な設定をします。

設定からcss設定をクリックします。

WS000004

通知してくれるメールアドレスや通知文を入力します。

文字数はお好みで設定してください。

WS000005

 

後は獲物が食いついてくるのを待ちましょう(笑)

注意

今回ご紹介したプラグインCheck Copy Contentsは、
あくまでもコピーされたのを通知してくれるプラグインです。

なので、

コピペを防止できる訳ではありません。

本当に自分のサイトをコピペから守るのでしたら、
前回ご紹介したコピペ防止プラグイン

「WP-Copyright-Protection」

を導入しておく事をオススメ致します!

この記事がコピペ対策のお役に立てれば幸いです。

僕が副業アフィリで毎月50万円以上稼いでいるヒミツを

無料メール読者さん限定で公開しています。

なぜ、時間がない副業アフィリエイターでも
毎月50万円以上を稼ぐことが出来るのか?


僕が200万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを
超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。

 

メール講座では、パソコンド素人だった僕が


・ゼロから抜け出した方法


・3ヶ月後に10万円稼いだ方法


そして毎月継続して50万円以上稼ぎ続けているテクニック

を惜しみなく解説しています。

 

さらに

・わずか10記事で累計100万円以上稼ぐブログ運営法


・自分で1記事も書かずに毎月安定して10万円以上稼ぐ外注戦略

も期間限定で公開します。

 

かなり、再現性が高い手法ので今すぐ実践して下さいね。

 


*登録後の解除もワンクリックで簡単に出来るので気軽にご登録お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA