Google XML Sitemapsの使い方と設定方法!サチコにサイトマップを送信には?

検索エンジンにあなたが日頃更新している記事を表示させるには、クローラーと呼ばれる検索エンジンのロボットをサイトに呼び込む必要があります。

逆に、クローラーがサイトに訪問してくれなければ、いつまで経っても検索エンジンに反映されないという悲しい結果に陥るのです。

なので、クローラーに「ブログの記事を更新したので訪問して下さい!」と呼びかけをする必要があります。

そうすれば、クローラーがいち早くサイトに訪問してもらえるようになり、検索エンジンにも反映されやすくなるのです。

では、どうすればクローラーにサイトの更新を伝えることが出来るのか?

そこで利用して頂きたいのが今回ご紹介する「Google XML Sitemaps」というプラグイン。

このプラグインを利用すれば、クローラーが勝手に訪問してくれ、検索エンジンにもインデックスしてくれるようになります。

という事で、本記事では「Google XML Sitemaps」の使い方とおすすめの設定方法について解説していきます。

「Google XML Sitemaps」は検索エンジンを利用させてもらう以上必須のプラグインなので、必ず導入するようにして下さいね。

Google XML Sitemapsとは?導入するメリット

まず、「Google XML Sitemaps」とはどのようなプラグインなのか?と言うところから解説していきます。

Google XML Sitemapsは簡潔に申し上げると、サイトの構成を的確にまとめたサイトマップを自動で生成するプラグインです。

「サイト」と一言で言っても、複数のページから構成されています。

例えば、

・トップページ
・投稿ページ
・固定ページ
・カテゴリページ
・アーカイブ

などのページの集合体によってサイトが構成されています。

これら複数あるページのサイトマップを自分で生成するのはほぼ無理ですよね。

そこで、Google XML Sitemapsを導入すると、これら複数で構成されているページをわかりやすくまとめてくれます。

しかも、クローラーが読みやすい最適なサイトマップを作成してくれるのです。

勿論、クローラーも整理されたサイトのほうが読みやすいので仕事をスムーズに終えることが出来ます。

よって、検索エンジンにも早くインデックスしてくれると言う訳です。

しかも、クローラーへの更新も同時に行ってくれるのでインデックススピードも上がります。

インデックススピードが上がればSEO的にも効果があるので導入しない理由はないですよね。

*インデックススピードを上げるには「Fetch as Google」もおすすめです。

「Fetch as Google」で素早く検索エンジンにインデックス!使い方を解説

2017.02.03

Google XML Sitemapsの導入方法

では、早速Google XML Sitemapsを導入してみましょう。

まずは、ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加から「Google XML Sitemaps」を検索し、インストールします。

WS000000

そして、有効化。

そうすると、ダッシュボードの「設定」内に「XML Sitemaps」というメニューが追加されましたよね。

クリックして先に進みましょう。

「Google XML Sitemaps」は真ん中ほどにある「your sitemap」をクリックするだけで基本的にはOKです。

クリックした後は記事を更新するたびに自動でサイトマップを書き換えてくれます。

後はガンガン記事更新してどんどんクローラー呼び込み、サイトのインデックス速度をどんどん上げて行きましょう。

*詳細設定は動画内で紹介しているので是非参考にして下さい。

Google XML Sitemapsとサーチコンソールを連動させる方法

Google XML Sitemapsの精度をさらに高めるにはサーチコンソールとの連動が必要です。

なので、まずはあなたのサイトがサーチコンソールに登録されている必要があります。

*サーチコンソールの登録方法と使い方は下記に詳しく解説しています。

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)の使い方と利用するメリット

2016.09.18

登録が完了したらサイトの管理画面に移動して下さい。

Fetch as Google-1

管理画面に移動したら右の「サイトマップ」をクリックします。

2

右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、ドメイン右側の空欄に「sitemap.xml」と入力します。

4

次に「送信」をクリックすればサーチコンソールにサイトマップが反映されます。

ただ、導入したばかりだと、正しい数値が表示されませんので、時間を開けてから確認するようにして下さい。

導入時に反映されていなくても全く問題ありません。

まとめ

以上、Google XML Sitemapsを導入するメリットと使い方について解説しました。

Google XML Sitemapsは一度導入、および設定すれば後はほったらかしで問題ありません。

そして、今後のサイトSEOにも影響する可能性が高いプラグインです。

なのでこの機会に是非導入して下さいね。

僕が副業アフィリで毎月50万円以上稼いでいるヒミツを

無料メール読者さん限定で公開しています。

なぜ、時間がない副業アフィリエイターでも
毎月50万円以上を稼ぐことが出来るのか?


僕が200万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを
超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。

 

メール講座では、パソコンド素人だった僕が


・ゼロから抜け出した方法


・3ヶ月後に10万円稼いだ方法


そして毎月継続して50万円以上稼ぎ続けているテクニック

を惜しみなく解説しています。

 

さらに

・わずか10記事で累計100万円以上稼ぐブログ運営法


・自分で1記事も書かずに毎月安定して10万円以上稼ぐ外注戦略

も期間限定で公開します。

 

かなり、再現性が高い手法ので今すぐ実践して下さいね。

 


*登録後の解除もワンクリックで簡単に出来るので気軽にご登録お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA