【基本】LINE公式アカウント運用でよく使う3つの機能!

ここでは、LINE公式アカウントを運用する上で必須と言える3つの機能をお伝えしていきます。

今回は「LINE公式アカウント運用はこれだけ抑えておけば大丈夫!」というよく活用する機能に厳選してみました。

というのも、LINE公式アカウントの機能は多すぎて、すべてを理解してから運用するのは効率が悪いです。

なので、基本的な機能をまずは理解し、運用しながら必要な機能を取り入れて行くほうが圧倒的に効率が良いでしょう。

LINE公式アカウントでできる全機能をご紹介

LINE公式アカウントでは、以下の機能を活用することができます。

代表する機能をざっとお伝えすると、

・メッセージ配信
・タイムライン投稿
・セグメント配信
・自動応答/キーワード応答
・リッチメッセージ
・リッチメニュー機能
・リッチビデオメッセージ
・動画メッセージ
・音声メッセージ
・クーポン機能
・1:1トーク
・ショップカード

以上の機能が使えます。

正直、機能名を見ただけでは何のことかわかりませんし、これだけの機能を使いこなせるようになるには膨大な時間がかかりそうですよね。

なので、必要最低限の機能だけ使えるようになり、まずは運用してみることをおすすめします。

LINE公式アカウントは無料利用できるの?

「LINE公式アカウントの費用はいくら?」「無料でどこまで使えるの?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

はい、先程紹介したLINE公式アカウントの機能はすべて無料で使えます。

月のメッセージ配信数は

・フリープラン(無料)⇒月に1000通まで無料
・ライトプラン(月額5000円)⇒月に15000通まで無料
・スタンダードプラン(月額15000円)⇒月に45000通まで無料

となります。

ただし、月に配信できるメッセージ数を超えると1通3円~5円の利用料が別途発生するので注意して下さい。

プランの目安としては友達数が100人未満であればフリープランで十分です。

友達が300人を超えた辺りから有料プランを検討する形で良いかなと思います。

ちなみに僕はライトプランを契約していますが、さほどメッセージ配信していないので毎月無料配信メッセージ数を余しています。笑

LINE公式アカウントでよく使う3つの機能

それでは、LINE公式アカウントでよく活用する機能を3つご紹介します。

LINE公式アカウントの機能は沢山ありますが、正直これからご紹介する機能だけで十分です。

慣れてきたら他の機能にもチャレンジしてみると良いですよ。

では、早速見ていきましょう!

メッセージ配信

メッセージ配信は友達にメッセージを送る機能のことを指します。

メッセージ配信数は友達一人に付き1通とカウントします。

例えば、友達が100人いる場合、一斉にメッセージ配信すると100通となります。

メッセージ配信にはテキスト(1吹き出し500文字まで)、画像、動画、スタンプなど様々なコンテンツを配信することが可能です。

そして、1配信につき3吹き出しまでと同時配信することができます。

最大3吹き出しまで1カウント扱いとなるので「テキストと画像」「テキスト+動画」など、ユーザーの目に留まる効果的なメッセージ配信を行うことをおすすめします。

チャット機能

LINE公式アカウントでも通常のLINEのように友達と1対1で個別チャットすることが可能です。

個別トークルームでメッセージのやり取りやスタンプ、画像なども送ることができます。

ただし、友達のほうから何かアクション(メッセージ・スタンプなど)を起こしてもらわないと、個別でメッセージのやり取りをすることができません。(Lステップは可能。)

よく、「スタンプ送ってね!」と発信者がアクションを促すのは、友達を判別するという目的があるのですね。

ちなみにLステップと紐付けすれば、友達登録時にアカウント名を把握することができます。

リッチメッセージ

リッチメッセージとは、『画像・文字・リンク・クーポン』を組み合わせて配信ができる機能です。

基本的にLINEユーザーには「目で訴える」ということを意識して下さい。

LINEではメルマガのような長文を送ってもあまり読まれませんし、テキストのみのメッセージ配信より「テキスト+画像」の配信のほうが反応が高い傾向があります。

ただ、LINE公式アカウントのメッセージ配信機能だけで画像を送ると、小さく見栄えが悪くなります。

以下をご覧下さい。

ラーメン画像の左右にスキマがあり、気持ち小さく写っているのがおわかり頂けますでしょうか。

では、次にリッチメッセージを活用した場合。

先ほどと比べると画像が大きく、スキマなく表示されていますよね。

さらにリッチメッセージは画像をタップすると、予め設定されたアクションを起こすことが可能です。

(画像を送信した場合はタップできません。)

例えば、リッチメッセージ内に「詳細はこちら」のような文章やボタン風の画像を置いておくことで、画像のタップを促すことができます。

その遷移先をブログ記事にしたり、個別相談の申し込みLPにして申込みを促したり、YouTube動画にしたりと、売上アップに繋げる施策を色々試してみると良いでしょう。

テキストだけでメッセージ配信するより、かなりCV率が高くなると思いますよ。

まとめ

以上、LINE公式アカウントでよく使う3つの機能についてご紹介しました。

まずは、今回ご紹介した基本的な機能を活用し、LINE公式アカウント運用にチャレンジしていきましょう!

>アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

「有料教材より詳しい!」 「内容の充実さとわかりやすさに驚きました!」 などと絶賛された須賀ともひろ独自アフィリエイト教材であなたを非常識な世界へ誘います。 この教材を手にすることによって 、初心者でも簡単にパソコン一つで「稼ぐ」実感を手にすることが出来ます!(実績あり) 無料公開している今のうちにダウンロードして下さい!(残りわずか)

CTR IMG