seoを意識した記事タイトルの付け方|最適な文字数は?例を交えて解説

ブログ運営者で記事タイトル作成をあまり深く考えず、適当に決めている方って結構多いんですよね。

正直、

「メチャクチャ勿体無いなー」

と思うブログをよく見かけます。

良い記事を書いても、記事タイトルがしっかりしていないとアクセスを集めることは出来ません。

これは、僕が今まで1000記事以上投稿してきたデータからも証明されています。

何故なら、記事タイトルを疎かにすると、検索エンジンの上位に表示されることがないからです。(始めからロングテール狙いだったり、趣味でブログを運営しているなら別ですが・・・)

では、検索エンジンに好まれる記事タイトルとはどのようなものなのか?

そこで本記事では、今までに1000記事以上記事タイトルを付けてきた僕が、SEOと見た目双方を意識した記事タイトルの付け方を解説していきますね。

記事タイトルはseoと見た目双方を意識するべし!

記事タイトルはキーワード選定と並び、ブログのアクセスに直結する部分です。

正直、キーワード選定と記事タイトル作成さえしっかり行うことが出来れば、記事本文が1000文字程度だったとしてもアクセスは十分集まります。

しかし、逆は別です。

いくら3000文字、5000文字の記事をしっかり書いたとしても、上記2つを疎かにすると検索エンジンに埋もれてしまい、陽の目に当たることはないでしょう。

では、記事タイトルを作成する際、どこを意識すればいいのか?

それは、記事を読んでくれるであろう読者を意識するのは勿論のこと、検索エンジンも意識してタイトルを付けること。

記事タイトルはhtmlで表すと<title>(タイトルタグ)で囲われた部分を指します。
このタイトルタグ内にある内容を記事に書かれている主なテーマと検索エンジンは判断しているのです。

だから、検索エンジンに記事のテーマを理解してもらうためには、タイトルを疎かにしてはいけないのですね。

そして、記事タイトルを見るのは検索エンジンだけではありません。

検索エンジンに表示された記事タイトルをクリックするのは検索ユーザーです。
なので、どのような内容が書かれている記事なのかをユーザーにも理解してもらう必要があります。

検索エンジン、ユーザー双方を意識して置かなければならないのですね。

seoを意識した3つの記事タイトル作成ポイント

それでは、検索エンジンに好まれる記事タイトル作成のポイントを3つご紹介していきます。

1:メインキーワードは左寄せで適度なKWを盛り込む

記事を書く際、必ずメインとなるテーマがありますよね。

例えば、肩こりを治す方法の記事を書くとすれば、「肩こり」がメインテーマとなるはずです。

このメインとなるキーワードはなるべく記事タイトルの左側に寄せるのが望ましいです。

何故なら、検索エンジンは左側にあるキーワードをメインキーワードと重要視しているからです。

また、タイトルには狙っているキーワードは適度に盛り込みましょう。

先程申し上げたように、タイトルタグで囲われた箇所をテーマの内容と検索エンジンは判断するので。

ただし、当たり前の話ですが、不自然に盛り込みすぎてはダメです。

メインキーワード一つに対して、3つから5つくらいを目安に複合キーワードを選定すると良いでしょう。

複合キーワードの選び方は下記で詳しく解説しています。

複合キーワードとは?虫眼鏡、サジェスト、ツールを活用した簡単な選び方

2017.03.28

2:文字数は32文字以内

Googleの検索結果に表示されるタイトル文字数は予め決められています。

実際に検索結果を見てみましょう。

一番上のタイトルの右側が「・・・」と表示されていますよね。

実はこのタイトルにはまだ続きがあるのです。

しかし、Googleの検索結果は32文字くらいまでしか表示されないようになっています。

だから、32文字以上あるタイトルはこのように表示が切れてしまうのですね。

検索ユーザーが見た際、すべてのタイトルが表示されている方が当然見栄えは良いはず。
なので、出来るだけ32文字以内にしておくのが望ましいのです。

と言っても、32文字以上書いてはいけないという訳ではありません。
何故なら、Twetter等SNSでシェアされた場合は32文字以上表示されるからです。

そして、Google検索で表示されないだけで、seo的に悪影響を及ぼすことは僕の経験上から見ても感じられません。

ただ、見栄えがよく、インパクトがあるタイトルは32文字以内に抑えているのも事実。

なので、タイトルは32文字以内に抑えることは意識しておくべきです。

3:半角文字を有効活用

タイトルタグ内の半角は0.5文字と計算されます。

例えば、「2017」なら4文字。
「2017」なら2文字計算になるのです。

また、カタカナや記号も同様です。

記事タイトルでよく使われる「!」や「?」などは32文字をオーバーしそうな時は半角で入力すると文字数を抑えることが出来ます。

これも豆知識として覚えておくと良いでしょう。

まとめ

以上、seo的に好ましい記事タイトル作成のポイントをご紹介しました。

検索エンジンに記事の内容を理解してもらうためには、タイトルタグ内を重要視しなければならないのですね。

そして、記事タイトルをクリックするのはユーザーです。

なので、ただキーワードを羅列するのではなく、見た目も意識する必要があります。

是非タイトルを付ける際の参考にして下さい。

僕が副業アフィリで毎月50万円以上稼いでいるヒミツを

無料メール読者さん限定で公開しています。

なぜ、時間がない副業アフィリエイターでも
毎月50万円以上を稼ぐことが出来るのか?


僕が200万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを
超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。

 

メール講座では、パソコンド素人だった僕が


・ゼロから抜け出した方法


・3ヶ月後に10万円稼いだ方法


そして毎月継続して50万円以上稼ぎ続けているテクニック

を惜しみなく解説しています。

 

さらに

・わずか10記事で累計100万円以上稼ぐブログ運営法


・自分で1記事も書かずに毎月安定して10万円以上稼ぐ外注戦略

も期間限定で公開します。

 

かなり、再現性が高い手法ので今すぐ実践して下さいね。

 


*登録後の解除もワンクリックで簡単に出来るので気軽にご登録お願いします♪

4 件のコメント

  • こんばんわ、masaです。
    いつも記事タイトルで
    悩んでいるので参考にさせて
    いただきます。
    また訪問させていただきます。
    ランキング応援します。

    • masa様

      ご訪問ありがとうございます!

      当記事がお役に立てたなら幸いです。

      今後共宜しくお願いします^^

  • 須賀さんこんちは!

    はじめまして、しょへと申します^^

    記事タイトルの文字数を考える時に
    「半角使えばたくさん入るのかな?」
    と思いながらなんとなく使っていたので、嬉しかったです。

    タイトルは記事の顔なので
    妥協せずに考えていきたいですね。

    応援もしていきます(`・ω・ )ゝ

    • しょへ様

      コメントありがとうございます!

      「タイトルは記事の顔」
      まさにその通りですね。

      当記事がお役に立てたなら幸いです。
      今後共宜しくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA