Microsoft Edgeの便利な使い方と検索エンジンをGoogleに設定する方法

Windows10に搭載されたMicrosoft Edge (マイクロソフト エッジ) 。

パソコン画面下の「E」と言うアイコンを
Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)だと
思い込んでいた方も多いのではないでしょうか。

僕は普段Google Chromeをメインブラウザに
使っているのでしばらく放置していました。

ところが、Microsoft Edgeには今までのブラウザにない面白い機能が多数あったのです。

使い慣れていると言う理由で
既存のブラウザに依存したまま
Microsoft Edge使わないのは勿体ないかもしれませんよ。

そこで本記事では、Microsoft Edgeの便利な使い方と
Google Chromeとの比較をご紹介していきたいと思います。

「Microsoft Edge」の使い方を動画で解説

「Microsoft Edge」の使い方やおすすめ機能を動画で解説しました。

ご視聴は矢印ボタンをクリックして下さい!

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ) とは?

Microsoft Edgeとは、マイクロソフト社が開発した最新「OS」のWindows10に搭載されているブラウザです。

アイコンがInternet Explorerと大した変わらないので
僕と同じようにスルーしていた方も多いのでは・・・

Internet ExplorerはGoogle Chromeと比較すると
表示速度が明らかに劣っていました。

なので、Windows10を導入した際も、
Microsoft Edgeがあるにも関わらず、
さっさとGoogle Chromeをダウンロードし、使用していたのです。

しかし、最近になり、Microsoft Edgeの魅力をいくつか発見しました。

次に最新ブラウザ「Microsoft Edge」搭載された便利な機能をご紹介していきます。

Microsoft Edgeの便利な機能と使い方

Microsoft Edgeを使えば、便利にかつ楽しくインターネットの世界を堪能することが出来ます。

既存ブラウザにはない便利機能をいくつかご紹介していきます。

ブックマークのインポート

Microsoft Edgeを最初に使用する際、
ブックマークのインポート先が求めらます。

指示通りしっかりインポートしておきましょう。

実行すれば、他のブラウザで使っていたブックマークを
そっくりMicrosoft Edgeに持ってくることが出来ます。

ただし、パスワードまではインポートされません。

いくつものサイトでパスワードを管理している方は、
後でひとつひとつパスワードを入力しなくてはなりません。

ちょっと面倒かもしれませんね。

webノートの作成

Microsoft Edgeを開くと右上にいくつかのアイコンが表示されていると思います。

その中にある四角の枠内にエンピツのようなものがあるアイコンがwebノート作成アイコンです。
WS000005
アイコンをクリックすると、
画面左上にさらにアイコンが追加されたと思います。
WS000006
その左上のアイコンを使い、
メモを残したり、マーカーを引いたり、
画像としてキャプチャーしたりする事が出来ます。

勿論メモなのですぐに保存することも可能です。

保存先は「one note」と連動していて
作成したwebノートを他のユーザーと共有すること出来ます。
WS000007
「今日のランチ何にしよう?」

などと、食事を決める際、webノートで作成した
コメント付きの画像を共有すれば盛り上がるかもしれませんね。

今まで画像をキャプチャして、
画像加工ソフトを使って加工修正していたのがその場で出来る感覚です。

リーディングリスト機能

Microsoft Edgeにはリーディングリスト機能が追加されました。
WS000008
例えば、

「この記事後でゆっくり読みたいなー」

などと、思ったときはリーディングリストに追加しておきましょう。

Google Chromeの拡張機能「Pocket」と同じと考えて問題ありません。

そして、

リーディングリストに追加したページは
「読み取りビュー」を使って閲覧することも出来ます。
WS000010
「読み取りビュー」とは
広告やサイドバーなどを表示せず、
記事ページだけを表示させる機能です。
WS000011
僕たちアフィリエイターはあまり出回って欲しくない機能ですね。

Microsoft Edgeの検索エンジンをGoogleに設定する方法

僕がMicrosoft Edgeを使わなかった理由のひとつが、
デフォルトの検索エンジンが「Bing」だったことです。

検索エンジンを使用する際は、
日頃お世話になっている「Google」以外の検索エンジンは使いたくありません!

そして、僕と同じように「Bingは嫌だ!」と思っている方もいるはずです。

なので、Microsoft Edgeの既存検索エンジンを「Google」に変更する方法をご紹介していきます。

まずは、Microsoft Edgeを開き、検索エンジン(bing)でグーグルを検索します。

グーグルのトップページを開きます。

次に、右上の「・・・」をクリックし、
一番下の「設定」をクリックします。
WS000012
下にスクロールすると「詳細設定を表示」があると思うのでそちらをクリックして下さい。
WS000013
「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」を変更します。

中に「Google」があると思うので選択しましょう。

Google(既存)と表示されていればOKです。
WS000014

まとめ

以上、Microsoft Edgeの便利機能のについてまとめてみました。

Microsoft EdgeはGoogle Chromeと比較してもサイト表示速度で見劣りしません。

そして、新たに追加された機能を使えば、
さらに快適にインターネットの世界を楽しむことが出来ると思います。

既存のブラウザから変更してみるのもいいかもしれませんよ。

僕が副業アフィリで毎月50万円以上稼いでいるヒミツを

無料メール読者さん限定で公開しています。

なぜ、時間がない副業アフィリエイターでも
毎月50万円以上を稼ぐことが出来るのか?


僕が200万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを
超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。

 

メール講座では、パソコンド素人だった僕が


・ゼロから抜け出した方法


・3ヶ月後に10万円稼いだ方法


そして毎月継続して50万円以上稼ぎ続けているテクニック

を惜しみなく解説しています。

 

さらに

・わずか10記事で累計100万円以上稼ぐブログ運営法


・自分で1記事も書かずに毎月安定して10万円以上稼ぐ外注戦略

も期間限定で公開します。

 

かなり、再現性が高い手法ので今すぐ実践して下さいね。

 


*登録後の解除もワンクリックで簡単に出来るので気軽にご登録お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA