LibreOffice(リブレオフィス)の使い方と導入するメリットを解説

新品の国産パソコンの場合、ワード、エクセルなどのマイクロソフトオフィスが初めから入っています。

ただ、中古パソコンや海外製のパソコンはマイクロソフトオフィスが入っていない場合もあるので購入する際注意が必要です。

マイクロソフトオフィスはあとから購入する場合、結構な値段になります。

現在最新のoffice365だと、一年間ライセンスで約12000円。

以前のバージョンを購入するとしても10000円以上はするでしょう。

ただ、どうしてもマイクロオフィスを購入しなくてはならないかと言うとそうではありません。

現在はマイクロソフトオフィスに互換性がある無料のオフィスソフトが多数あります。

そこで本記事では無料のオフィスソフトのLibreOffice(リブレオフィス)のインストール方法と使い方をご紹介致します。

LibreOfficeのインストールと使い方を動画で解説!

リブレオフィスのインストールや使い方は上記動画を参考にして下さい。

LibreOfficeダウンロードはこちら

LibreOfficeを利用するメリット

ここではLibreOfficeを利用するメリットをいくつかご紹介したいと思います。

①無料でオフィスソフトが使い放題!

LibreOfficeは無料のオフィスソフトです。

なので、ワード、エクセル、パワーポイントと殆ど変わらないソフトを無料で利用することが出来ます。

ちなみにLibreOfficeでは

ワード=Writer
エクセル=Calc(カルク)
パワーポイント=Inpress

と言います。

②マイクロソフトオフィスと互換性がいい

LibreOfficeはマイクロソフトオフィスとの互換性がいいので、以前作成したワードやエクセルファイルをLibreOfficeで問題なく読み込むことが出来ます。

また、逆も問題ありません。

LibreOfficeで作成したファイルをマイクロソフトオフィスでの読み込みも問題なく行えます。

僕は実際にLibreOfficeを使ってみましたが、無料のオフィスソフトで有名な「Apache OpenOffice」よりも互換性が高いように感じました。

OpenOfficeを使っていると不憫を感じることが多々ありましたが、LibreOfficeはストレスなく利用することが出来ます。

まとめ

以上、無料オフィスソフトのLibreOfficeをご紹介しました。

もしも、オフィスソフトの購入を検討しているならLibreOfficeを導入することを僕はおすすめします。

LibreOfficeを利用してから購入を検討したほうがいいと思いますよ。

機能面もマイクロソフトオフィスと比較して殆ど遜色がないことを実感出来るはず。

オフィスソフトを導入しようとお考えになっている方のご参考になれば幸いです。

 





只今期間限定で記事作成が面倒な僕がブログアフィリエイトで月収50万円、累計2000万円稼いだ手法をギュッとまとめたブログアフィリエイト教材「Affiliate Sunday」をプレゼント中!

※iCloud、hotmail、outlookは届きませんのでご注意ください。

興味がありましたら今すぐ僕のメールマガジンに登録してプレゼントを受け取って下さい!

*メールマガジンは完全無料で登録出来ます。
*気に入らなければいつでもワンクリックで解除できますのでご安心下さい。

最新情報をチェックしよう!
>アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

「有料教材より詳しい!」 「内容の充実さとわかりやすさに驚きました!」 などと絶賛された須賀ともひろ独自アフィリエイト教材であなたを非常識な世界へ誘います。 この教材を手にすることによって 、初心者でも簡単にパソコン一つで「稼ぐ」実感を手にすることが出来ます!(実績あり) 無料公開している今のうちにダウンロードして下さい!(残りわずか)

CTR IMG