「Fetch as Google」で素早く検索エンジンにインデックス!使い方を解説

こんにちわ、須賀です。

サイトを開設したばかりの頃は悲しいくらいアクセスが集まりませんよね。

運営初期段階でアクセスが集まらない原因はいくつかありますが、そもそも検索エンジンにインデックスされていないという理由も考えられます。

開設したばかりのサイトにはクローラーの訪問頻度が低いのです。

そのため、記事を更新したとしても、数日経ってからインデックスされると言うことが多々あります。

インデックススピードは頻繁に更新していれば自ずと上がってきます。

しかし、出来れば早い段階からインデックススピードを上げ、早く収益が上がるサイトを構築したいと思いますよね?

では、「長期的にサイト運営しなければサイトのインデックススピードは上がらないのか?」

というと、そうでもありません。

今回ご紹介する「Fetch as Google」 を使えば、新米のサイトにもすぐにクローラーが来て、インデックスさせることが出来ますよ。

「Fetch as Google」 とは?

「Fetch as Google」とは、グーグルのクローラーに記事のインデックスをリクエストする機能のことです。

サイト初期段階はインデックスされるまでにかなり時間がかかる場合があります。

例えば、記事を更新し、ping送信されたとしても、クローラーが来てくれなければ検索エンジンに表示されることはありません。

いつも良質な記事を定期的に更新してくれているお得意さんと、つい最近取引を始めたばかりの素性がまだはっきりしない顧客を差別するのは当たり前なのです。

では、グーグルは新米さんには厳しく対応するのかというとそうでもありません。

救済処置として、「Fetch as Google」という機能を用意してくれているのです。

ちなみに「Fetch as Google」は「Google Search Console」にサイト登録しなくては使用することが出来ません。

もしも、「Google Search Console」を利用したことがない場合は下記を参考に作業を進めておきましょう。

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)の使い方と利用するメリット

2016.09.18

「Fetch as Google」 の使い方

次に「Fetch as Google」 の使い方を解説していきます。

まずは「Google Search Console」のダッシュボードに移動し、「Fetch as Google」を利用したいサイトを選択しましょう。

Fetch as Google-1

次に左のメニューバーにある「クロール」から「Fetch as Google」をクリック。

Fetch as Google-2

ドメインの右にあるボックスにインデックスさせたい記事URLを入力します。

Fetch as Google-3

「インデックス登録をリクエスト」というボタンが表示されますので、クリックし、ロボットではない承認をすませれば完了です。

WS000010

上記のようにステータスが完了になっていれば作業終了です。

どうもお疲れ様でした。

僕が副業アフィリで毎月50万円以上稼いでいるヒミツを

無料メール読者さん限定で公開しています。

なぜ、時間がない副業アフィリエイターでも
毎月50万円以上を稼ぐことが出来るのか?


僕が200万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを
超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。

 

メール講座では、パソコンド素人だった僕が


・ゼロから抜け出した方法


・3ヶ月後に10万円稼いだ方法


そして毎月継続して50万円以上稼ぎ続けているテクニック

を惜しみなく解説しています。

 

さらに

・わずか10記事で累計100万円以上稼ぐブログ運営法


・自分で1記事も書かずに毎月安定して10万円以上稼ぐ外注戦略

も期間限定で公開します。

 

かなり、再現性が高い手法ので今すぐ実践して下さいね。

 


*登録後の解除もワンクリックで簡単に出来るので気軽にご登録お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA