「Fetch as Google」で素早く検索エンジンにインデックス!使い方を解説

こんにちわ、須賀です。

サイトを開設したばかりの頃は悲しいくらいアクセスが集まりませんよね。

運営初期段階でアクセスが集まらない原因はいくつかありますが、そもそも検索エンジンにインデックスされていないという理由も考えられます。

開設したばかりのサイトにはクローラーの訪問頻度が低いのです。

そのため、記事を更新したとしても、数日経ってからインデックスされると言うことが多々あります。

インデックススピードは頻繁に更新していれば自ずと上がってきます。

しかし、出来れば早い段階からインデックススピードを上げ、早く収益が上がるサイトを構築したいと思いますよね?

では、「長期的にサイト運営しなければサイトのインデックススピードは上がらないのか?」

というと、そうでもありません。

今回ご紹介する「Fetch as Google」 を使えば、新米のサイトにもすぐにクローラーが来て、インデックスさせることが出来ますよ。

「Fetch as Google」 とは?

「Fetch as Google」とは、グーグルのクローラーに記事のインデックスをリクエストする機能のことです。

サイト初期段階はインデックスされるまでにかなり時間がかかる場合があります。

例えば、記事を更新し、ping送信されたとしても、クローラーが来てくれなければ検索エンジンに表示されることはありません。

いつも良質な記事を定期的に更新してくれているお得意さんと、つい最近取引を始めたばかりの素性がまだはっきりしない顧客を差別するのは当たり前なのです。

では、グーグルは新米さんには厳しく対応するのかというとそうでもありません。

救済処置として、「Fetch as Google」という機能を用意してくれているのです。

ちなみに「Fetch as Google」は「Google Search Console」にサイト登録しなくては使用することが出来ません。

もしも、「Google Search Console」を利用したことがない場合は下記を参考に作業を進めておきましょう。
[kanren postid=”3930″]

「Fetch as Google」 の使い方

次に「Fetch as Google」 の使い方を解説していきます。

まずは「Google Search Console」のダッシュボードに移動し、「Fetch as Google」を利用したいサイトを選択しましょう。

Fetch as Google-1

次に左のメニューバーにある「クロール」から「Fetch as Google」をクリック。

Fetch as Google-2

ドメインの右にあるボックスにインデックスさせたい記事URLを入力します。

Fetch as Google-3

「インデックス登録をリクエスト」というボタンが表示されますので、クリックし、ロボットではない承認をすませれば完了です。

WS000010

上記のようにステータスが完了になっていれば作業終了です。

どうもお疲れ様でした。

 





只今期間限定で記事作成が面倒な僕がブログアフィリエイトで月収50万円、累計2000万円稼いだ手法をギュッとまとめたブログアフィリエイト教材「Affiliate Sunday」をプレゼント中!

※iCloud、hotmail、outlookは届きませんのでご注意ください。

興味がありましたら今すぐ僕のメールマガジンに登録してプレゼントを受け取って下さい!

*メールマガジンは完全無料で登録出来ます。
*気に入らなければいつでもワンクリックで解除できますのでご安心下さい。

最新情報をチェックしよう!
>アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

アフィリエイトで毎日を最高の日曜日へ

「有料教材より詳しい!」 「内容の充実さとわかりやすさに驚きました!」 などと絶賛された須賀ともひろ独自アフィリエイト教材であなたを非常識な世界へ誘います。 この教材を手にすることによって 、初心者でも簡単にパソコン一つで「稼ぐ」実感を手にすることが出来ます!(実績あり) 無料公開している今のうちにダウンロードして下さい!(残りわずか)

CTR IMG