seo対策にライバルチェックが必要な理由と3つの穴場キーワード選定法

「記事を書いても全くアクセスが伸びない・・・」

と悩んでいるブログ運営者は結構多い事と思います。

眠い目をこすりながら頑張って記事を更新しているのに、アクセス数が伸びてこなければ心が折れそうになりますよね。

ブログにアクセスが集まらない原因は、「需要のないネタ」か「検索エンジンに上位表示されていない」のどちらかです。

大抵の場合は後者の「検索エンジンに上位表示されていない」からだと言えます。

なので、

「自分の狙ったキーワードは上位表示される可能性があるのか?」

と、記事を投稿する前にきちんと確認しないと、いつまで経ってもアクセスが集まりません。

では、記事を投稿する前にどこを確認すれば、上位表示されやすくなるのか?

上位表示されるかどうかはライバルサイトとの兼ね合いが大きく影響します。

そこで本記事では、ライバルサイトをチェックして狙っているキーワードが上位表示されるかどうかの判断基準を3つのポイントに分けて解説していきます。

ライバルチェックはseo対策には必須の作業なので、しっかり身につけて下さいね。

1:狙ったキーワードはライバルサイトの記事タイトルに含まれている?

記事タイトルに含まれているキーワードによって、その記事内にどのような内容が書かれているかをGoogleは判断しています。

例えば、

「出会いがない社会人でもすぐに彼女を作る方法」

という記事タイトルなら、日々の仕事が忙しくて女性と出会うきっかけがない社会人男性に対して、彼女を作る方法を解説している記事だとGoogleは判断するのです。

「社会人+彼女を作る方法」

と検索窓に打ち込んだユーザーに対し、上記の記事を上位表示させておけば、役に立ちそうですよね。

つまり、検索窓に打ち込まれたキーワードと記事タイトルのキーワードがマッチしていれば、上位表示してくれる可能性は高まると言えます。

では、

「狙っているキーワードを記事タイトルに盛り込めば上位表示されるのか?」

というと、そうでもありません。

何故なら、この事実は殆どのブログ運営者が知っているからです。

だから、狙っているキーワードで上位表示させたいなら、記事タイトルにキーワードが入っていない場所を狙う必要があるのです。

では、上記を踏まえて実際に検索結果を見ていきましょう。

上記画像は検索窓に「筒香嘉智+彼女」と検索窓に入力した結果です。

見事にすべてのサイトに「筒香嘉智 彼女」というキーワードが含まれているのがお分かりになると思います。

このような場合、後から「筒香嘉智 彼女」というキーワードを狙って記事を作成しても検索エンジンに埋もれてしまいます。

何故なら、すでに入り込む余地がないからです。

次に、「筒香嘉智+彼女+画像」と三語のキーワードで調べてみましょう。

そうすると、黄色枠で囲っているサイトに三語のキーワードが含まれていないのが確認できるはず。

なので、「筒香嘉智+彼女+画像」の三語なら多少入り込む余地はあると言えます。

このように、狙ったキーワードを検索窓に打ち込み、最低でも1ページ目のサイトの記事タイトルをチェックし、入り込む余地があるかどうかを確認しないと上位表示されないので注意して下さいね。

2:ライバルサイトの強さをチェック

では、検索結果によって表示された記事タイトルに含むキーワードが全てなのかと言うと、そうではありません。

仮に後から狙ったとしても、抜き去るケースは多々あります。

その判断基準のひとつがドメインの強さです。

ドメインの強さ=Googleの信頼度

とも言えます。

つまり、過去の実績も検索結果には反映されるのです。

そこで、過去の実績があるサイトが検索結果に含まれているかどうかも確認する必要があります。

・大手ニュースサイト
・まとめ系サイト
・更新頻度が高い企業系サイト

上記のサイトが検索結果の上位を占めている場合は戦わないほうが無難です。

無駄な戦いを避けることこそ、効率的に上位表示させるコツ。

少しでも入り込む余地がある場所を狙い撃ちしていきましょう。

逆に

・無料ブログ
・個人サイト
・Q&Aサイト

これらが検索結果の1ページ目に入っている場合は、後からでも抜き去る可能性はあります。

ただし、メチャクチャ更新しているサイトだったり、かなり濃い記事を書いている可能性もあるので、必ずサイトの中身はチェックして下さい。

3:allintitle検索

最後にライバルチェックをする際、僕がよく活用している「allintitle」検索についてご紹介しておきます。

検索窓に「allintitle:」と入力し、その後にキーワードを入力すると、キーワードが記事タイトルに含まれているすべてのサイトを表示します。

先程の「筒香嘉智+彼女」というキーワードを記事タイトルに含むサイトはなんと99件もあったのですね。

では次に三語の検索結果を見ていきましょう。

これでも28件あるのですね。

このように「allintitle」検索を使えば、いとも簡単に狙っているキーワードを含むサイトがどれくらいあるかを知ることが出来ます。

後は、表示されるサイト数の少ないキーワードを見つけ、ドメインの強さとサイトの中身をチェックすれば、かなり上位表示される確率は上がるでしょう。

是非活用してみて下さい。

まとめ

以上、ライバルチェックの重要性と僕が実際に行っている手法を解説しました。

キーワード選定とライバルチェックはseo対策する上で非常に重要。

なので、本記事を参考にし、効率よくアクセスを集めるスキルをしっかりマスターしておきましょう。

僕が副業アフィリで毎月50万円以上稼いでいるヒミツを

無料メール読者さん限定で公開しています。

なぜ、時間がない副業アフィリエイターでも
毎月50万円以上を稼ぐことが出来るのか?


僕が200万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを
超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。

 

メール講座では、パソコンド素人だった僕が


・ゼロから抜け出した方法


・3ヶ月後に10万円稼いだ方法


そして毎月継続して50万円以上稼ぎ続けているテクニック

を惜しみなく解説しています。

 

さらに

・わずか10記事で累計100万円以上稼ぐブログ運営法


・自分で1記事も書かずに毎月安定して10万円以上稼ぐ外注戦略

も期間限定で公開します。

 

かなり、再現性が高い手法ので今すぐ実践して下さいね。

 


*登録後の解除もワンクリックで簡単に出来るので気軽にご登録お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA